b0qnfT

江苏夜网

解を促している。私は。非常に奇妙な感じ

真実に従っては、森田は有能なディレクター日本映画祭、絶対エリート、デビュー数え切れないほどのオーラが監督。

しかし、森田監督のスタイルは、彼の映画は、常にその「驚くほど」場所を持っている。

上日本の映画に関しては南京楼凤论坛、ラベルがたくさんあります。たとえば、ほとんどの日本映画は非常に繊細です。

キャラクターやプロットに関係なく、細部の変化に細心の注意を払っています。このようにして、一種のトーンが生成されます。

日本映画、主に比較的落ち着きがあり、素朴で、単純に遅いです。

日本の映画では、リズムが遅いのがほとんどです。

しかし、森田義光の繊細さは、プロットが大きく変化することがよくあります。

「模倣犯罪」の終わりのように、これは非常に驚くべきことが吹いたのです。

また、「ホワイト?ナイトウォーク」には、彼が直接2つの完全にdifferent’same文字で二つの平行なストーリーラインを使用していました。

彼は日本の映画とは非常に異なっているためです。場所。

滝田洋次郎は正反対です。

滝田監督の作品は、日本映画の特徴をほぼすべて備えており、

落ち着きがあり、

素朴で、スローで、細部までこだわっていますが、滝田監督もひとつのことが好きです。

この落ち着きのある素朴さで、おもしろいです。

東野強が「エンチャンター」を書いていたとき、当時と空間の原作であるこの映画を思い出さずにはいられなかった。

これは当たり前のことであり、やむを得ない。

「エンチャンター」の冒頭はどうなったのか?

あります。

どっち?

それ!

本木正博は、故人の体を拭いたときに何かを見つけたので、彼をビジネスに導いた古いエンチャンター、つまり山崎ヌオと話しました、それは何でしたか?

故人はとても静かに横たわり、女の子のように見え

ましたが、そこにあります。

これは人々を笑わせる南京桑拿网橋の部分です。滝田監督の初期のカメラの使い方はとても穏やかで、まるでそのように見えます。普通の葬式ですが、

やさしいです。

聞いて理解してください。

家族は女の子として化粧をしようと言っていた

ので、東野の滝田監督の理解によれば、行く必要はありません。 「箱根えきでん」を見ると、滝田監督が実物そっくりのレンズを使って、走り心地の良い競技スポーツの写真を撮っていくのではないかと想像できます。

箱根えきでんのレベルは非常に高いです。たとえそうだとしても、それ